ポルトガル語翻訳とブラジル相続のアオヤギ行政書士事務所のサイトです

ブラジル相続人サポート

ブラジルにいる相続人手続きのサポートとコンサルティング

子がいない人が亡くなった場合、兄弟が相続人となり、思わぬ親戚が相続人となることが発生します。兄弟も高齢ですでに亡くなっている場合は、その子が相続人となる代襲相続することがあります

また、土地の名義変更のために遡って相続手続きを行おうとした時にはじめて、ブラジルに移民した遠い親族の存在が明らかとなることもあります。しかし、ブラジルの親族とは、その距離の遠さや言葉が壁となって疎遠となってしまうケースも多くあります。

アオヤギ事務所では、親族から提供された手がかりから、ブラジルにいる相続人と連絡を取りポルトガル語での連絡や書類の取り寄せ等のお手伝いをしています。

ご依頼いただいた日本側のご親族や司法書士事務所、法律事務所の方々にはブラジルの事情をご説明するとともに、ブラジル側には日本の事情を説明し、スムーズな手続を行なっていただくことを支援しています。

今まで疎遠となっていたご親族同士が、相続をきっかけに新たなつながりが出来たことに喜ばれる事があります。人が亡くなった残念な出来事の後ではありますが、その方が残してくれた親族との新たなつながりを大切にしていただけるよう、丁寧な対応を心がけております。

お気軽にご相談くださいお問合せフォーム | 事務所概要

司法書士や弁護士など、士業事務所の方へ

士業の皆様からのご相談は、相続案件を受任したら、ブラジルに移民した日本人や日系人の存在が明らかになって、連絡手段や翻訳で困った...という場合がほとんどです。

日本に住む日本国籍の方がなくなった場合、準拠法は日本となりますので、日本側でやるべきことは一般的な相続手続きと変わりません。変わるのは、ブラジルに住む日系人の相続人に日本の相続手続きについて説明し、日本語で記載された遺産分割協議証明書などをポルトガル語に翻訳が必要となることです。

ブラジルは印鑑証明の代わりに現地でのサイン証明を行うことになり、さらに身分関係の立証資料などが異なります。

そこで、ブラジルの親族が絡む案件について、通常の相続手続きと「何が変わらない」のか、「何が変わる」のかを下記の挙げてみます。

変わらないこと 手続きの方式(日本の法務局や裁判所に行う)
変わること

・ブラジル側の親族との意思疎通がポルトガル語となる(日本語を話すことができるのは1世や2世までのことが多いです)

・ブラジル側の親族に、日本側の手続きの方式を説明する必要がある(ブラジルとは異なる点が多く、相手の理解を得て協力をしてもらうことが重要です)

・日本とブラジルとの時差は12時間。メールでの連絡手段が多くなり、時間を要することとなる。

・ブラジルの国民性や社会システム、役所の機能などの違いにより、時間を要することとなる

・ブラジルから取寄せる書類や、宣誓書の内容について、あらかじめ法務局や裁判所に相談してから進める必要がある

・相続人がブラジル国籍者の場合は、戸籍の代わりにブラジルの出生証明書や死亡証明書、婚姻証明書と共に、それらの和訳が必要となる

・日本国籍者や二重国籍者で、亡くなったにもかかわらず、戸籍に反映されていない場合は、ブラジルの死亡証明書を元に日本の役所に死亡届を行うなど、戸籍を整理する必要がある

・遺産分割協議証明書の手続きは、一般的には現地の公証役場でのサイン認証を受けることになる。日本に住むブラジル人の場合は、印鑑登録がある場合はそれを使い、ない場合は在東京ブラジル総領事館や近くの公証役場でサイン証明を行う

・ブラジルの公証役場でサイン認証を受ける際は、文書をポルトガル語に翻訳する必要がある

・送達を行うとなった場合、1年~数年を要することになる

・海外送金が発生する場合がある(ブラジルはマネーロンダリングに関する規制で、海外からの送金が非常に厳しく管理されています)

・以上のことから、日本側、ブラジル側とも忍耐力を持って進めることが必要となる(一に忍耐、二に忍耐!といっても過言ではありません)

アオヤギ事務所では、士業事務所での相続手続きがスムーズに進むよう、全力で取り組みます。

お気軽にご相談ください お問合せフォーム | 事務所概要

個人の方へ

アオヤギ事務所は行政書士の事務所です。

ポルトガル語の翻訳を得意とし、ブラジルの制度に関しても情報提供を行っています。ただ、相続手続き全体で考えると、行政書士として受任できないことがあります。

というのも、日本には弁護士や司法書士などそれぞれが行う業務が法律で定められているからです。行政書士は法務局での登記手続きや裁判が関わるケースを扱うことができません。

ご親族と土地が絡む相続手続きを行うことになった場合、遺産分割協議証明書を作成するところは行政書士は可能ですが、法務局への申請は司法書士や弁護士の業務範囲になります。

この様なケースでは、以下のいずれかの方法により、当事務所と一緒に手続きをすすめることが可能です。

  1. 日本側の相続人自身で遺産分割証明書を作成いただき、当事務所が翻訳等を行う。
  2. お近くの司法書士事務所に別途、ご依頼いただき、その司法書士事務所とアオヤギ事務所が共同で進める。
  3. 当事務所が提携する司法書士事務所をご紹介する。(海外が絡む案件で実績がある事務所です)

どの方法が良いのか、また迷われている場合には、現在の状況をお聞かせいただければと思います。

当事務所は、ブラジルに強い司法書士事務所とブラジル国内の代理人と提携しており、サポート体制が整っています。

お気軽にご相談ください お問合せフォーム | 事務所概要

  1. あおば司法書士・行政書士事務所 ブラジルが絡む相続手続きの経験が豊富な、渋谷道玄坂の司法書士事務所です
  2. ほんだ行政書士事務所 ブラジルの相続人の調査に頼りになる事務所です

状況に応じたサポート業務

相続案件は一件一件、状況が異なります。日本側とブラジル側の相続人との関係が良好で連絡手段には問題がないケースから、行方が分からなくなっているケースまで様々です。

連絡手段に困っていないが、ブラジル側の相続人が日本語が読めない、という場合は遺産分割協議書や出生証明書の翻訳のみ承ることもできます。

連絡先はわかっているが、コミュニケ―ションが上手くいかない場合は、ポルトガル語での連絡も含めてご依頼いただくことが可能です。

状況に応じてお見積を行いますので、お問い合わせください。

お問合せフォーム | 事務所概要

相続手続に必要な書類のポルトガル語・日本語 翻訳

日本の法務局で相続登記の為に必要な書類は、日本語で提出する必要があります。

しかし、ブラジルに移民した親族やその子孫が日本語を理解しない場合、ポルトガル語で説明を行ったり、ブラジルの公証役場でポルトガル語に翻訳した遺産分割協議書にサイン証明を受けることになります。

そのため、日本語で作成した書類をいったんポルトガル語に翻訳してブラジルで手続を行なった後、日本の法務局に提出するために再度日本語に翻訳する作業が必要です。

アオヤギ事務所では、行政書士自身がポルトガル語の翻訳を行いますので、法律専門の事務所様にも安心してご依頼を頂いております。

お気軽にご相談ください お問合せフォーム | 事務所概要

  1. 遺産分割協議書、遺産分割協議証明書
  2. サイン認証
  3. 出生証明書、婚姻証明書、死亡証明書
  4. 裁判書への提出書類
  5. 宣誓書
  6. 委任状
  7. 身分証明書類

ブラジルに移民した行方不明の親族の調査

ブラジルに移住した親族の名前や生年月日は分かるが、連絡手段がない...というケースは日本にいる相続人にとっては大変困った状況です。

日本国籍者の場合は、まずは外務省経由で、在外邦人の所在調査を行う事をお勧めします。

外務省 在外邦人の所在調査

そこで住所が判明すれば、書留を送るなどして、先方の反応を確認することができます。ただ、外務省経由の所在調査はある程度の日数を要します(数か月)。また、調査の対象は日本国籍者に限られます。

ですので、並行して別の方法で探すことを検討した方が良いかもしれません。

ブラジルは、日本と異なり、出生証明書が第三者でも取得できるなど、個人情報の規制が緩やかです。探している相続人のお名前や生年月日から情報を得ることができる場合があります。

また、ウェブサイト上で検索して、SNSの情報が判明して、相続人やご子息と連絡が取れるようになることがあります。

アオヤギ事務所では、当事務所ではブラジルの提携先と協力してポルトガル語や国の制度が壁となって思うように出来なかった調査を行い、できるだけ早く相続手続が確実に進むよう全力を尽くします。

お気軽にご相談ください お問合せフォーム | 事務所概要

業務実績 - ブラジル在住の相続人サポート実績 -(2018年10月3日現在)

北海道・東北の依頼者
宮城県の司法書士 遺産分割協議証明書/出生証明書・婚姻証明書の翻訳
秋田県の司法書士 ブラジル在住の相続人に相続放棄への協力依頼
北海道の司法書士 ブラジル在住の相続人の調査、協力体制の聞き取り
福島県の弁護士 ブラジル在住の相続人の行方調査、出生証明書/死亡証明書の取得と翻訳
福島県の司法書士 ブラジル在住の相続人との連絡調整、遺産分割証明書の翻訳
福島県在住の相続人 ブラジル在住の相続人の行方調査、失踪宣告裁判のための書類収集、出生証明書/死亡証明書の取得と翻訳
関東・甲信越の依頼者
埼玉県在住の相続人 ブラジル側の相続人との連絡・調整、相続手続きと死亡証明書入手の協力を依頼、必要書類の翻訳、ブラジル側での相続金受け取りに関するアレンジ
神奈川県在住の相続人 相続手続き全般についてのご相談、ブラジル側の親族との手紙/遺産分割協議証明書/出生証明書等の翻訳
東京都の司法書士 ブラジルの制度についての相談、ブラジル側の親族との連絡、上申書/出生証明書類の翻訳
東京都の司法書士 遺産分割協議証明書/出生証明書の翻訳
東京の自治体関連企業 区画整理にに伴った相続手続きの中で一部がブラジルに移民していることが判明。ブラジル在住の相続人の所在の調査
埼玉県在住の相続人 相続全般についてのご相談、ブラジル側の相続人との連絡・調整、出生証明書/委任状の翻訳、ブラジル側での相続金受け取り時の相続証明書の作成
東京都の弁護士 ブラジル側の相続人との連絡・調整、遺産分割協議証明書/出生証明書等の翻訳
東京都の司法書士 遺産分割協議証明書/出生証明書の翻訳
東京都在住の相続人 ポルトガル在住の相続人の相続放棄申述書に関する手続き(司法書士と共同)、サイン証明の依頼
東京都の司法書士 宣誓供述書の翻訳
東京都の弁護士 ブラジル・アメリカ在住の相続人の調査、連絡調整、裁判所提出書類 相続分譲書/相続分届出書/申述書/手続代理委任状/出生証明書/死亡証明書の翻訳
東京都の司法書士 ブラジル在住の相続人の調査、委任状/売渡・買受証書/相続手続証明書/宣誓供述書の翻訳
栃木県の司法書士 ブラジルの相続人の連絡調整
千葉県の弁護士 遺産分割協議証明書(日本語版)のサイン証明部分の翻訳
千葉県の相続人 ブラジル在住の多数の相続人との連絡調整、照会書に代わる上申書/宣誓供述書/相続放棄に関する上申書/財産説明書類/送金領収書/持分移転の委任状/所有権移転の委任状/持分移転登記の委任状/贈与契約書/登記委任状/登記原因証明情報/死亡証明書/出生証明書の翻訳
千葉県の弁護士 不在者財産管理人の選任を受けた不動産に関するブラジルと日本在住の相続人の行方調査、連絡調整、死亡証明書の取得と翻訳
千葉県の行政書士 不在者財産管理人の選任を受けた不動産に関するブラジル在住の相続人の行方調査、連絡調整、死亡証明書の取得と翻訳
神奈川県の司法書士 遺産分割協議証明書の翻訳
中部の依頼者
静岡県の司法書士 相続全般についてのご相談、ブラジル側の相続人との連絡・調整、遺産分割証明書/出生証明書/婚姻証明書/死亡証明書の翻訳
近畿の依頼者
兵庫県の司法書士 死亡証明書の取得と翻訳
中国の依頼者
岡山県の弁護士 ブラジルと日本に在住する日系ブラジル人の相続人多数の所在調査、相続分譲渡証書へのサイン証明の依頼、証明書類の取り寄せ、出生証明書/死亡証明書の翻訳
鳥取県の弁護士 遺産分割調停案件に係る、ブラジル在住の相続人の行方を調査、協力依頼、裁判書類 遺産目録/送達場所等の届出/調停条項案/送付書/回答書/遺産配分表/連絡説明文/出生証明書の翻訳
岡山県の司法書士 相続全般についてのご相談、ブラジル側の相続人との連絡・調整、宣誓供述書/不動産売買契約書/所得税消費税の納税管理人届出書/出生証明書/死亡証明書の翻訳
四国の依頼者
香川県の司法書士 登記情報/固定資産土地建物名寄帳/相続分取得額計算書/相続関係説明図/遺産分割協議証明書/出生証明書の翻訳
愛媛県の相続人 遺産分割協議証明書の翻訳
高知県の相続人と弁護士 ブラジル在住の相続人の協力依頼、連絡調整、相続関係説明
九州・沖縄の依頼者
鹿児島の弁護士 遺産分割調停案件に係る、ブラジルに移民した親族の子に事情説明・連絡調整、必要書類の請求依頼、裁判所への提出書類 決定書/送達場所届出書/上申書/出生証明書/死亡証明書の翻訳
鹿児島の司法書士 ブラジル側の相続人との連絡・調整(その後、司法書士側で公示送達の申立)
鹿児島の司法書士 相続放棄にかかる宣誓書の翻訳、出生証明書の取得と翻訳

お気軽にご相談ください お問合せフォーム | 事務所概要